ナンガ・パルバット - 運命の山

邦題 ヒマラヤ 運命の山
原題 Nanga Parbat
ドイツ映画
2010年1月放映 日本では2011年8月

有名なメスナー兄弟の悲劇話を元にした映画

日本の宣伝サイト
ドイツ本家サイト <映画終了後DVD宣伝サイトになっている

終了前に見てきた。
この間のドイツ山岳映画'アイガー北壁'と比べてしまうが、映像の迫力で劣っているような・・
舞台はアイガー北壁よりもずっとスケールの大きい(壁標高差3倍だそうである)ナンガのルパール壁であるのに・・
頂上アタックシーンにおいて、本当にそうだったのかわからないが、すごく軽装で登っていてヒマラヤ8千峰とは思えない感じになってしまう・・
主演男優も、あの偉大なメスナー役にはちょっと足りないのかも。
それでも全体的には悪くはないですが。
posted by junt at 00:04 | Comment(0) | 山映画

バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル

バンフ・マウンテン・フィルムフェスティバル
Banff Mountain Film Festival

今年もバンフ山映画祭

乗鞍高原 9/10
東京 10/7-10
大阪 10/15
・・
福岡 11/20 <最終

リンク www.banff.jp

バンフの本家サイト
posted by junt at 23:46 | Comment(0) | 山映画

エベレスト 若きクライマーの挑戦

B003QV70AIエベレスト 若きクライマーの挑戦 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2010-09-10

by G-Tools


1982年カナダ隊のエベレスト遠征に基づいた映画。
多くの隊員が遭難事故死してしまうが、カナダのお国柄か全体的にそれほど重くなく、最後はハッピーエンドで終わるようになっている。
現地ロケ映像が多いようで迫力があり、最後まで緊張感をもって見ることができた。

posted by junt at 00:08 | Comment(0) | 山映画

The Beckoning Silence

The Beckoning Silence 2007 英
運命を分けたザイル2 [DVD]

Touching the Void (日本での映画題名'運命を分けたザイル'、原作の日本語題名’死のクレバス’)の著者ジョー・シンプソンのアイガー北壁登攀に関する話の映画化。

日本での題名は’運命を分けたザイル2’

You Tube映像

2010/5 日本DVD化

2008年がアイガー北壁初登攀から150年で、それを記念して作られた映画の1つ。150年記念のアイガーもの3本見ました。

ドイツ映画’アイガー北壁’と同じ1856年のドイツ・オーストラリア隊の登攀そして遭難の事件をジョー・シンプソンが自分のペルー遭難に絡めて解説している映画です。

当時の服装と装備でアイガー北壁を登攀しているシーンを再現していて、例によってジョー・シンプソンの解説シーンが多いです。

ジョー・シンプソン自身もアイガー北壁の電車窓からちょっと登ってみたり、ヘリで途中に降ろしてもらって(あんな壁の中に降ろすなんてヘリのオペレート技術が凄いですね)ちょっと登ってみたりして、当時の現場状況を体験解説しています。
posted by junt at 21:53 | Comment(0) | 山映画

NORDWAND アイガー北壁

Nordwand
NordwandHeinz von Arx


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2009年

アイガー北壁 [DVD]アイガー北壁 [DVD]

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 2010-09-21
売り上げランキング : 8101

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



30年代に成し遂げられたアイガー北壁初登頂にまつわるお話。
ドイツ語でつくられたドイツ映画。
英語圏では放映されているようです。2008年度に東京のドイツ映画祭で放映されたようですが、その後は日本では見れないかもしれません。

映画としての評価はまあまあ良いようです。

NORDWAND公式ページ(ドイツ語)

日本でも放映ですね。

アイガー北壁日本語公式サイト
posted by junt at 23:11 | Comment(0) | 山映画

剱岳 点の記

剱岳 点の記
新田次郎原作の映画化
2009年6月20日公開予定

公式サイトリンク

原作
posted by junt at 18:03 | TrackBack(0) | 山映画

The Alps

The Alps --- iMax 映画

アイガー北壁クライミングに関するドキュメント映画。

父がアイガー北壁登攀中に滑落死したルートへ息子が挑戦するというストーリー。
iMax大画面で迫力のある映像ではあります。

ヨーロッパアルプスの地理・歴史のお話、ウィンパーによるマッターホルン初登頂のお話を当時の服装・装備で登頂場面を再現、主人公の父のアイガー北壁登攀中の墜落事故再現映像等、いかにもハリウッドメイクらしい映像という感じです。

クライミング中に実際にあったちょっとしたアクシデントも、臨場感のあるやらせ映像でうまくつくられてます。(アイガー北壁クライミング中のフォールシーンやクレバス滑落シーン等)

アイガー北壁登攀撮影は山岳班とヘリ空撮班によるが、iMaxカメラは大きいらしく山岳班のアイガー北壁という難ルートでの撮影は楽ではなかったでしょう。


公式サイト

The Alps --- DVD
Alps: Climb of Your Life (Ws Dol)
Alps: Climb of Your Life (Ws Dol)Ron Goodman Brad Ohlund Michael A. Brown


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



トレイラー

上映映画館
大阪市立科学館オムニマックス映画
2008/11/30まで
プラネタリウム用ドーム天井スクリーンの大画面で迫力あります

posted by junt at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山映画

EXTREME -IMAX 1999

Extreme Summer
Extreme Summer
E-Realbiz.Com 2000-06-13
売り上げランキング : 76,329


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Extreme Winter
Extreme Winter
E-Realbiz.Com 2000-06-13
売り上げランキング : 63,113

おすすめ平均 star
starおすすめ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



当時、最高!と思った作品です。
でも現在は撮影技術もどんどん工夫改善されて、もっとすごい映像がたくさん作られていますね。
それにDVDは2本に分けられた上に高過ぎ!なのが残念。

山だけでなく様々なエクストリームアウトドアスポーツの映像を集めたものですが、
バックカントリースキー、スノーボード、アイスクライミング、ロッククライミング等も含まれています。

やはりこれはIMAXの大画面で見るべきでしょう。
>今はどこで見れるんだろう??

スノーボードはバックカントリー・スノーボードのカリスマ的存在であった、Craig Kellyが撮影に参加してました。(2003年カナダでガイド中に雪崩事故で死亡。当時地元ワシントン州の新聞では一面扱いでした。)

取りはロッククライミングシーンでリン・ヒルが出演してます。

しかし、他の章はスピード感あふれるものが多いので、最後にロッククライミングがくると少し他の映像に迫力負けしている感があります。

おそらくロッククライマーのJohn Longが監督なのでロッククライミングが最後になったのでしょう。

公式HP
http://www.extreme70mmfilm.com/
QuickTimeで予告編見れます。
posted by junt at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | 山映画

バーティカル・リミット - 2000

バーティカル・リミット コレクターズ・エディション
バーティカル・リミット コレクターズ・エディションクリス・オドネル マーティン・キャンベル ビル・パクストン

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-12-21
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



あの…
標高高く空気の薄いところで助走してジャンプ!
はるか遠い反対側の崖にダブルアックスで着地!
というすごい!(笑える!?)映画です。

これもK2が舞台という設定のもの。
でも撮影地はニュージーランドはサザンアルプス。
ニュージーランドの有名なクライミングガイドの協力のもと、
マウント・クックの周辺で撮影されたので、ニュージーランドの山々の美しさがよくわかりますね。

冒頭のシーンから大迫力。
ユタかどっかの砂岩のマルチピッチのクラックルートを登攀中に、カムが見事に抜けていく墜落のシーンがすばらしいです。

あと確保の仕方はあれで良いのか!?

とか

まるでロールプレイングゲームでエネルギーの素薬を手に入れて体力値UPするように、
ほとんど死にかけのクライマーがデキサメタゾン注射で生き返るようなシーンが、
楽しめますね。

さすがハリウッド
>《公開時コピー》
>世界最高峰のノンストップエンタテインメント
です。

あれ!K2じゃないの??

公式HP
http://www.sonypictures.jp/archive/movie/verticallimit/
続きを読む
posted by junt at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山映画

クリフハンガー - 1993

クリフハンガー
クリフハンガーシルベスター・スタローン レニー・ハーリン

ジェネオン エンタテインメント 2004-06-25
売り上げランキング : 13,168

おすすめ平均 star
star山岳アクションの基本作品
star冬はやっぱり雪でしょう!
star痛快活劇の王道を行く

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



山岳レスキュー隊員を演じるスタローン主演の山を舞台にしたハリウッドもの。

原案者が昔ビッグ・ウォールクライミングのハウ・トゥーものなどを書いていたジョン・ロングですか??

冒頭のシーンはとてもインパクトがありました。
スタントは有名なクライマー…


続きを読む
posted by junt at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山映画

生きてこそ - 1993

生きてこそ

生きてこそ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
生きてこそ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]イーサン・ホーク, ビンセント・スパーノ, ジョッシュ・ハミルトン, フランク・マーシャル

パラマウント ジャパン 2006-04-21
売り上げランキング : 8000

おすすめ平均 star
star生きる意志の強さ
star生きなきゃ
star良い作品です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



これは登山の話ではなくて…

>1972年、ウルグアイの学生ラグビーチームを乗せた飛行機がアンデス山脈で遭難した。33名が生き残った>が、数日後捜索は打ち切られてしまう。絶望と飢餓に襲われた彼らは、仲間の…。

…以下がすごくショッキングなことです。実話です。
山映画といって良いのか??山を舞台にしたサバイバルものです。

私はやはり作り物よりノンフィクションの方が好きです。
お勧めです。
posted by junt at 12:00 | TrackBack(0) | 山映画

クライマー〜彼方へ〜 1992


新進気鋭のフリークライマーと昔ながらの’山屋’が、パタゴニアはセロ・トーレで繰り広げる対決の物語。

あのステファン・グロヴァッツ主演です。(当時有名なフリークライマーだった。最近の若者フリークライマーは知らんかも)
メスナーが原案者です。

’92というのは、まだ日本では、フリークライミングは一部の登山家の間でしかはやっていなかったような…。


posted by junt at 11:18 | TrackBack(0) | 山映画

K2〜愛と友情のザイル〜 - 1991


《公開時コピー》
エゴで登る。愛で下りてくる。

だそうです。

ある趣味がクライミングの物理学者にK2遠征話が飛び込んできて、一生にそうあるチャンスでもないので、登りたい気持ちを抑えきれずにパートナーといっしょに参加してしまう。
(そんなことすると経歴に穴があくし、周りにもある程度迷惑かかるし(指導受けてる学生とか)、将来の出世に響くこと間違いなし。)
>エゴがないと行けん

もちろんK2というと8000m級最難関といっても良いくらいですから、山でいろいろあって(もう見たの昔だから細かいストーリー忘れました)家族への思いを胸になんとか無事に生還する。
>愛の力で降りる

当時この映画のシーンを見て建物の壁を登ったり(警官に見つかるとタイホされちゃいます!)、ビルの階段でボッカ駆け上がりトレーニング(他の通行人に迷惑ですよ!)を真似るのがちょっと流行った??


posted by junt at 11:03 | TrackBack(0) | 山映画

Everest/IMAX - 1998

Imax / Everest (Spec)
Imax / Everest (Spec)Liam Neeson Greg MacGillivray David Breashears

Miramax Home Entertainment 1999-12-07
売り上げランキング : 36,027

おすすめ平均 star
starImax / Everest

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



'96のエベレスト大遭難年に入山したIMAX撮影隊によるドキュメンタリー映像です。

エベレスト本ベストセラーの’空へ’を書いたジョン・クラウカワーもちょうど同じとき別隊で入山していたので、彼の本にその時の詳細が書かれている。

非常にお勧め。
posted by junt at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 山映画

運命を分けたザイル-2004

運命を分けたザイル
運命を分けたザイルジョー・シンプソン ケヴィン・マクドナルド ブレンダン・マッキー

ポニーキャニオン 2005-08-26
売り上げランキング : 489

おすすめ平均 star
star賢さ、心の強さ、正直さ、優しさに感動
star生き抜く、という事
star言葉がありません

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



最近の山映画では一番良いと思います。
「運命を分けたザイル」公式サイト
オリジナル題名'Touching The Void'
邦訳「死のクレバス」の映画化。

半分くらいの時間を2人のクライマーへの個別インタビューに裂かれているので、あまり映像ばかりに期待してはいけません。もちろんペルーアンデスの映像はすばらしいですが。
このときの登山事故の重々しさが非常に伝わってくる映画です。

イギリスのクライマー2人がペルーアンデスで登攀中に起こった事故の実話。
パートナーと繋がるロープを切ってしまったことで、当時クライマー界でその行為の倫理が問われ、大きな問題となりました。

しかし原題の訳って、本、映画とも全然違いますが・・・
氷の下に隠れる虚空に触れてしまった・・・という意味ですかね。
posted by junt at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(2) | 山映画
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。