アラプリーズ立寄り Tiptoe Ridge @Mt.Arapiles

ちょっとクライミング@アラプリーズ

P4040166.JPG

本当に発音がこれで良いのか??日本でアラプリーズと呼ばれるオーストラリアで最も有名な岩場に立寄る機会がありました。

一人で短期間だったので、簡単なボルダーやルートのフリーソロをして楽しんだ。


Tiptoe Ridge Route/The Pinnacle Face Area @Mt.Arapiles
AUS grade 5 120m 4p
very easy 3star route

P4040187.JPGピナクルフェースエリア 真ん中のリッジがTiptoe ridge route

オーストラリアグレード5!!というかなり易しめの三ツ星マルチピッチルートがあり、ガイドブックによると’ここへ来たらとりあえず登っておけ’ということなので登ってみる。

グレード5というのは登った感じ日本で使われるグレードでIV級ぐらいかと思いましたが、この部分はこのルートの核心部であるピナクル登りの部分でほんの数m。でもここよりピナクル登ってからの裏側へのクライムダウンの方が怖いかも…。他の大部分はさらに易しいグレード3です。III級ぐらいか…

それなりに傾斜があり高度感あるのだが、ドアノブ状、ハンドル状のガバホールドが続く。所々にテラスがあり、ゆっくりと景色を楽しめるルートで、初めてさん連れて行くには最適かも。

P4050201.JPGTiptoe ridge上からの眺め

普通グレードは2桁の数字だが、ここアラプリーズは一桁のグレードも多数あり、初心者から楽しめる。

アラプリーズのガイドブックの2008年版が出ました。
全ページカラーで岩の写真が見やすくなりました。ボルダーも世界で使われるVグレードに対応しました。

アプローチはメルボルンから車で4時間ぐらい。
キャンプ場は未だに値上げもされず、一泊一人$2のままです。
ここは公的にもクライミングに重要な場所と認識されているようです。

P4040167.JPGGolden Streak boulder キャンプ近くの有名なボルダー

P4050206.JPG週末のファミリークライミングの様子

P4050205.JPG

・ツアーTips
レンタカーはメルボルン空港で5日間借りてAUS$221だった。探せば安めの会社があります。

クライミングショップはアラプリーズに最も近い小さな町Natimukにあります。小さい古そうな店ですが、休みの日もやっているようで、品揃え良し。オーストララリアのガイドブックや雑誌バックナンバー等もあります。
メルボルンから見て手前の大きな有名な岩場グランピアンのベースタウンHalls Gapにもアウトドアショップがありますが、ここは品揃えがよくありません。

ビールもNatimukのパブでTakeAwayで売ってくれます。

食料はメルボルンから見てもう少し手前のHorshamというもう少し大きな町のスーパーで買うのが良いでしょう。キャンプ場は未処理水の蛇口がありますが、水もここで大量に買っておくのが良いでしょう。

posted by junt at 15:39 | TrackBack(0) | 山行記録(その他海外)

パルチャモ (6187m) 登山

2001/11-12 ネパールクンブ登山

PB160112.JPG
パルチャモ東面


より大きな地図で Parchamo を表示

Parchamo
date route altitude(m) time(hr)
11/8 Lukla-Pakding26503
11/9 Pakding-Namche 34407
11/10 Namche3440
11/11 Namche3440
11/12 Namche-Thame 38004
11/13 Thame-Thempo Kalka 43003
11/14 Thempo-ParchamoB.C-Thempo 48003
11/15 Thempo-B.C 43002
11/16 B.C-H.C-B.C 5600 8
11/17 B.C4800
11/18 B.C-H.C 5600 6
11/19 H.C-ParchamoSummit-B.C 618710.5
11/20 B.C-Thame 38003
11/21 Thame-Namche 34403



11/2 
名古屋空港夜発。アルパインツアーのチャーター便に便乗させてもらうことになっている。

N氏が大量に購入したライターを全部没収されそうになる。1人1本までらしい。そんなきまりは知らなかった。まあ普通1人でそんな大量に持っていくこともないが。NYCテロ後規則変更などあったかもしれないが。1人1本とりあまりは他の人にあげる。中国南西航空。機内食はいまいちだった。

夜中の1.30重慶着。ダウンタウンの暇日飯店(ホリディ・イン)までバスでやく40分。重慶という都市は昔学校の地理で国家政策のコンビナートがある工業都市ぐらいの知識しかないが、どうやら三峡下りの起点となる場所らしい。前から三峡下りはいいよ〜ってきいていたので一度行ってみたいと思っていたが、今回はカトマンズへの途中で数時間寝るのみ。また次回。

で、好景気真っ最中の中国はどこの都市でもそうなのか??高層ビル(大厦)が雨後のたけのこ状態でガンガン建設中である。しかも結構高いのに足場はやっぱりというかすべて竹ってところがまたすごい。紐でくくって継ぎ足していっているだけなのに、結構強度があるものなのだな。と感心しながら慣れない目にはみていてちょっとこわい。

2時過ぎ暇日飯店到着。明日は4時起床で4.30出発とのこと。
なに〜〜!!



続きを読む

アイランドピーク (イムジャ・ツェ) 登山

2001/3/16-4/4 ネパールクーンブ登山

P1010122.JPGアイランドピーク


より大きな地図で Imja Tse / Island Peak を表示

3,4月のここクーンブ地方の気象は、午前中はたいてい快晴、午後から曇るというパターンが続く。天候が安定気味の時は、15時ぐらいから、下流域、ナムチェ方面から雲が湧き出てきて、また高いチベットとの国境稜線を超えて、まるで谷川の国境稜線と同じような感じで、雲がピークとの間から洩れ落ちてくる。早いときは13時ぐらいから曇ってくる。雪が降ることも時々ありという感じなのです。

そういうわけで、ピークハントは、ピークまでにかかる時間を見積もって、できるだけ早く出、正午ぐらいには登頂を終えれるようにピークを目指し、できれば15時ぐらいにはキャンプに戻れるようにということになりまする。

3/25(sun) 晴れのち雪    Dingboche →Chukung
朝から太鼓の音が聞こえてくる。
プッザ・ラマ(なんじゃそりゃ??)だそうだ??

今日は日曜だったので、毎日曜日の行事かなと思ったがそうではなく、今日はなんか特別な日みたいだ。ロッジのおっちゃんもそんなに英語できるわけではないので、わけわからんながらいろいろ聞いていると、どうやら今年は(も??)ポテトがいっぱいとれますように!!と神さまにお願いする日のようである。続きを読む

高所順応データ

高所順応データ
ネパールクンブ地域活動時

pulse.JPG

pluse2.JPG


posted by junt at 12:11 | TrackBack(0) | 山行記録(その他海外)

アマ・ダブラム(敗退記録)

アマ・ダブラム
AmaDablam


より大きな地図で Ama Dablam を表示

Ama Dablam(6812m)

写真リンク

アマ・ダブラムは‘母のロケット’の意。ダブラムはシェルパ女性が身に付ける2人の神の絵を収めた2つのペンダントのことで、2つの懸垂氷河を指している。
1961年3月13日、ヒラリーら率いる隊により南西稜初登。当時最も技術的に困難なヒマラヤ登攀の1つとされた。
1979年5月ジェフ・ロウにより南壁単独登攀。
同年秋、ルイ・オードゥベール率いるフランス隊により北稜初登。
1985年山岳同志会の坂下直枝、有明正之により西壁初登。
同年、南東稜、北東壁初登。

参考:Himaraya Alpine-Style Andy Fanshawe Stephen Venables


itinerary
date route altitude(m) time(hr)
11/22-25 Namche 3440
11/26 Namche-Tengboche 38603.5
11/27 Tengboche-Pangboche 39302
11/28 Pangboche-AmaDablam B.C 48003
11/29 B.C4800
11/30 B.C4800
12/1 B.C-C1-B.C 57008
12/2 B.C4800
12/3 B.C-C15700
12/4 C1-C2-C1 5950 5
12/5 C15700
12/6 C1-C2 59504
12/7 C2-6550-C2 655012
12/8 C2-C1-B.C 48006
12/9 B.C-Tangboche 38603
12/10 Tangboche-Namche3440


Ama Dablam (6812m) South-West Ridge 敗退記


11/22 Namche
アマダブラムへ向けての準備。
装備分けなどする。
続きを読む

クスムカングル北稜(敗退記録)

クスムカングル北稜
2001

Kusum Kanguru


より大きな地図で Kusum Kanguru を表示

Kusum Kanguru 6,369m
 North Ridge


写真リンク

クスムカングルとはチベット語で’3つの雪の峰’という意味だそうです。
トレッキングピークの中では最も難しいといわれています。
(一般ルートでの登頂を考えた場合??)
The Trek

東面ルートに行くには…

北面ルートに行くには、Monjo からのトレッキングとなる。
Kyashar 氷河の突端にあるベースキャンプまでは、長くハードな1日を覚悟すれば、 1日で行けるが、多くのパーティーは2日かけて行く。


The Climb

北稜
このルートは1979年9月にBettembourge, Covington, Doug Scott によって初登された。彼らの報告によると3日間で頂上まであと20メートル足らずのところまで登ったそうだ。
*北峰(6250m)までだそうです。

・・・

べースキャンプから急な草付きから稜線へつながる斜面を登る。その斜面の最後にはピナクルにつながる、傾斜の強い短いチムニーを登り、それよりは簡単なところを顕著なオーバーハングしているところまで登る。そこにはビバークに適したレッジがある。


続きを読む
posted by junt at 06:41 | TrackBack(0) | 山行記録(その他海外)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。